優しい夢と手をつなぐ

 

カレンダーの季節がそろそろ始まろうとしています。
私が毎年描いている障害者支援のためのカレンダーも出来上がってきました。

ご購入は以下のリンクまで
2017年版障害者市民事業ネットワークカレンダー ☆送料無料☆
http://tumiki.com/?pid=107204833
  
毎年、いろんな思いを胸にこのカレンダーの絵を制作するのですが、障害者をめぐる事件があったり色々いたたまれないことが沢山あり、私はどういうものを胸に何を伝えたいのか自分に問う日が多かった気がします。それでも私の拙い夢と手をつなぐ人が一人でもいてくれること願って………。
 
 
img_5098
 
 
豊能障害者労働センター機関紙「積み木」より

小さな身の回りで起きている些細なことから世界のことまで、世の中の空気が自分の肌までピリピリとさしてくるような、そんな様々な辛いニュースばかりついつい目がいってしまう……今日この頃。先日たまたま「グレースオブモナコ」という映画をテレビで見る機会があり何気なく見るとはなしに見ていたのですが、その映画のクライマックスでモナコ王国がフランスに封鎖されて侵略の危機にあり、もう打つ手も無くなったという国の存亡がかかった場面でグレース王妃が各国の代表を招いた赤十字の晩餐会でスピーチをするという場面で、それまでただなんとなく見ていただけだったのに、そのスピーチの内容にすごく引き込まれてしまいました。今日はその言葉を機関紙を読んでいる方々にもシェアしたくて、長いスピーチなのでその中の言葉から私が選んだ言葉を抜粋したのですが紹介しますね。

※  ※  ※

子供じみていますが
私はおとぎ話を信じます
心から望めば実現するはずです
どんな努力も惜しまない覚悟があれば
世界は変えられると信じています
憎悪や衝突も消えるに違いありません
代償を払う覚悟があれば
私にとってモナコはそういう国です
私は軍隊を持っていません
誰の不幸も望みません

自分のできる範囲で
少しでも世界を変えるために
私はここにいます
でも破壊する人がいれば
現実もおとぎ話も終わりです
気に入らないから破壊する人々がいます
当然の権利とばかりに
幸福や美を破壊する権利は
誰にもありません
それは許されない事だと教わりました
そんな世の中には住みたくありません

愛があれば
解決できるはずです
なぜなら愛の力を
信じているからです
愛の力があれば
武器や攻略や恐怖や差別はなくなり
世の中が正しい道に導かれます
だから今夜は愛を賛美したいのです
私は愛を守り抜きます
皆さんも各自の方法で
努力してください自分の社会の中で

※  ※  ※

世間をよく知っているという人たちは「愛があれば解決できる」なんて、甘いおとぎ話の演説と一笑されるかもしれません。このスピーチはグレース王妃が実際に語った言葉ではなく全くのフィクションなのだそうです。ただこの映画の監督がこの言葉を入れたかった気持ち、今の世界にどんな気持ちが必要なのか、こんなおとぎ話のような言葉をあざ笑うような人がこの世の中に確実に増えている危機感からのような気が私はするのです。

そして私もそのおとぎ話の住人です。
ピックとニックと旅をしながら、優しい世界に出会うために、そのおとぎ話の物語を紡いでいます。同じ気持ちの誰かと出会うために、違う気持ちの誰かと手をつなぐために、そして愛で語り合うために…ピックとニックがあなたの心の中で新しい優しい物語を紡いでくれることを祈りながら…。
そして思うのです、一人一人がそんな気持ちで生きて行ける世の中、そういうものを心の中に育てることができる世の中はどこからか勝手にやってくるものではありません。一人一人が、自分自身が、本気でそう思って、諦めている自分を変え、そして世界を変えてゆくしかないと感じています。マイケルジャクソンが歌っている「マンオブザミラー」の歌詞ように…(世界を変えたければ、まずは鏡の中の自分を変えようという歌詞です)だからこそたくさんの人にど〜〜〜んとハートの爆弾を落としたい、殺伐とした武器ではなく世界中を暖かい愛の心でいっぱいにしたい。そんな思いを込めて2017年もカレンダーを描きました。
 
明日のあなたの心にしっかりとした強い思いの愛がキラキラと輝いていますようにと❤️
そして手を取り合って未来に歩いて行けるようにと…。
  

松井しのぶ